【お知らせ】サイトURLが新しくなりました。 https://likemadgames.com

SNSの休止について

スポンサーリンク

何も反論しないから、何も感じていない。
そう思われているのなら、ここで反論します。

暴言、脅迫。
それを喜んでいるわけがないでしょう、と。

LIKEMAD_GAMESのTwitterアカウントを休止します。
LooseLipsのアカウントは検討中。
他のサービスはちょっとどうするかわかりません。

全ては数ヶ月前、ある迷惑ユーザーの「セクハラ」を受け入れなかった所から始まっています。
のらりくらりとかわしましたが、非常に不快なものでした。
セクハラを受け入れなかった日からほどなくして、私個人への暴言、嫌がらせが始まりました。
実際はそれが引き金じゃなかったのかもしれませんが、時期的にそれがキッカケだったように感じます。
今思うと、我慢せずにこの時点で通報していれば良かったと思います。

ご存知かと思いますが、私はアイドルやホストではありません。
ゲーム制作が趣味の一般人です。
ゲームを販売していますが、制作費の支援と言う形でお金を頂戴しています。
利益がでる金額ではありません。

SNSでの付き合いも、以前お世話になった方や一緒にゲームを作った方、ゲーム制作者や創作者がほとんどです。
そう言った方々との日々の何気ないやり取りが楽しかったりします。
なので自分の思い通りにならないからと言って暴言を吐いたり、物騒な発言をする迷惑ユーザーと交流したいとは思いません。
迷惑ユーザーとできるだけ関わらないようにしていました。
しかし、結果的にそれが更に迷惑ユーザーを刺激する事になってしまったようです。

お金を払ってゲームを購入したとしても、私個人をお金で買った事にはならないわけです。
ゲーム以外の見返りは求めないで欲しい。
今まで求められた事はなかったので困惑していました。

迷惑ユーザーには「自分はこれだけしてあげたんだから相手をしろ」と言う思いがあるのかもしれませんが、ゲーム制作でしっかりと返しています。間違いなく作品で返しています。
それを感じられないのだとしたら、ゲーム制作を応援してもらっては困ります。
それはもはや「ゲーム制作の応援」ではないからです。

今回、SNSの休止に至った理由ですが、私個人の問題だけでは済まなくなったからです。
ひとまず物騒な発言はTwitter社へ通報し、警察へ相談に行きました。
私個人だけではなく私の作品を楽しんでいる人にまで身体的危害を加えるような「脅迫」とも取れる内容の発言を受け、さすがに見過ごす事ができなくなりました。
まず先に警告文を送る事も考えたのですが、迷惑ユーザーはこちらの文章を思い込みだけで読み、会話が成立しないタイプだったので警告文を送ることはしませんでした。

迷惑ユーザーは、会ったこともない見知らぬ人です。
友人でもないですし、ネット上のゲームユーザーのひとり。
親しくもないし、個人的な交流、興味など一切ありません。
それなのにこちらへと一方的に理想を抱き、自分の思い通りにならないと分かれば腹を立て暴言を吐き、侮辱する。
当人はこれを『喧嘩』だと思い込んでいる事が何よりも恐ろしい事でした。
この状況に小金井ストーカー殺人未遂事件を思い出しました。

悪感情を募らせながら、なぜ関わっていたいのか。全く理解ができない事です。
「嫌なら見るな」は簡単です。離れると言う自衛だってそう難しくないでしょう。
それなのに自ら関わり、暴言を吐き続ける。
むしろ暴言を吐くためのサンドバッグとして、私や私の作品に関わろうとしているように感じます。
今まで言い返すこともなかったので、傷つけて良い相手だと軽んじられてきたのかもしれません。

確かに言論の自由はあります。それならこちらにも反論の自由はあるのです。
ひとをクズだと簡単に言いますが、脅迫する人間はどうでしょうか?
他人の命を脅かし、思い通りにならないからと自殺をほのめかす発言は、人としてどうなんでしょうか?
心配されたい、かまって欲しいと思うのならそれは逆効果でしかありません。

とにかく願うことはただひとつ。
執着心を捨てて、二度と私にも作品にも関わらないことです。
粘着し、暴言を繰り返すのであれば、今後はストーカーとして対処するつもりです。
脅迫があった以上、それ相応の対応をせざるを得ません。

今後ですが、ゲーム制作の休止だけは避けたいと思っています。
楽しみに待っていてくださるほかの方に迷惑がかかる事ですし、関わってくださる皆様にも申し訳ない事なので。
全10話の公開までは事を荒立てずにいようと思いましたが、さすがに自分や周囲への身体的危害をほのめかされると呑気なことは言ってられないと思いました。
何かあってからでは遅いですし、私も殺されたくはありません。
制作は続けていきますが、いざとなれば自分の命を優先したいと思っています。

正直、なかなか辛いものがあります。
ゲーム自体に悪い印象がついたり、この騒動のせいで離れてしまうひともいると思うと、とても悔しいです。
せっかくいい作品なのに。自分で言うのもなんですが、いい作品だと思います。
それは私だけが作っているわけじゃなく、色んなプロフェッショナルが力を貸してくれて形になってる作品だから尚の事そう思います。

企業ではなく、個人制作なので作品は自分で守らなければいけません。
なので、とりあえずSNSの休止を決めました。
迷惑ユーザーのせいで、ひとつ発表の場を潰された形になりました。
これのどこが応援なんでしょうか?

迷惑ユーザーは、これで満足なんでしょう。
こうして話題にあがる事が狙いだったのかもしれません。
私の自由を蹂躙し、作品を台無しにし、コミュニティーを破壊する事が望みだったのでしょう。
ひとの不幸を願う人間性なので、きっと喜んでいると思います。
それとも私が自殺するまで追い込まなければ満足しないのでしょうか?
自分の人生がつまらなく面白みに欠けたものだから、人の人生も同じようにつまらないものに変えたいと言う事なんでしょうか?

みんなで楽しくやっていたのに輪に入れないからぶち壊したいなんて、あまりにも自分勝手で許すことは出来ません。
どうして私や楽しくやっている周囲の人が、迷惑ユーザーの犠牲にならなければいけないのか。

迷惑ユーザーは、おそらく自分が加害者だとは思っていないと思います。
常に自分が被害者で、周囲が加害者だと思っているんじゃないでしょうか。
被害者意識の強い人間は、他人が自分に対して行った不当な行為ばかりを挙げ連ね、真っ当な対人関係を築くことができない傾向にあります。
世の中、色んな人がいるんだからそんな人もいるんでしょう。そこは否定しません。
でも、だからと言って迷惑ユーザーのセクハラを受け入れなかったから、迷惑ユーザーを心地よくさせなかったから、侮辱され、暴言を吐かれ、脅迫されても仕方がないと言うことにはならないと思います。
私も一人の人間です。暴言に傷つき、脅迫に痛みを感じます。尊厳もあります。

でも謝罪は望んでいません。
もう一切、関わって欲しくはありません。

最後に。
これを読んだ全く関係のない方、すみません。
不快な気分にさせてしまったかもしれません。
ゲームには罪がないので、それだけは分かってもらえたらいいなと思います。

今後、嫌がらせが加速する事も考えられます。
周囲への危害もほのめかしていたので、もし身に危険を感じたら迷わず警察へ通報をして下さい。

タイトルとURLをコピーしました