【80%達成】Loose Lips(SIDE:foggy)続編制作【クラウドファンディング挑戦中】

久々にCi-enを更新『エドの誕生日』

スポンサーリンク

新しく楽しいことをはじめた津島です。
ものづくりって楽しいねぇ、そんな毎日。

さて、今日はエド!エド!エド!

人気記事

8/8はLooseLipsシリーズのエド・フィッシャーの誕生日!

ゲーム好きな青年と言うことで、イラストもゲーマーっぽいものにしました。

こういう80年代のアーケード感はエドが過ごした青春時代だと思うんですよ。
10代後半あたりでしょうか。きっとゲームセンターで楽しんだ世代!

女の子とデートするよりもゲームセンター!
そんな彼は29歳独身、彼女いない歴年齢です。
90年代で過ごす彼はどれほど肩身の狭い思いをしたでしょうか。

Loose Lips(SIDE:foggy)の中、サイドストーリー・エドでその辺りをしっかりと書きましたので気になる方はプレイを!

エドとカサイのショートストーリーもFANBOXで近々公開しようと思います。

実はいじってます

今、あるものに手を出してしまいまして…

VRoid Studio!
でも、ペンタブも板タブも持っていませんので、うまくいくかなぁと。

明日からは「初めてのVRoid Studio」と言うことで、記事を書いていこうと思います。

これまでにも3Dには何度も手を出していているのですが、どうにもこうにも髪の毛がうまくいかない!

VRoid Studioではクリアできるのか?

と言うところが課題になってきます。

既にまぁなんと言いますか結果は出ているのですが、順序立てて記事にしていきたい。健忘録も兼ねて。

ゲーム制作以外の創作を楽しむ夏です!

30日映画チャレンジ

DAY12 (好きなジャンルの苦手な映画)

これは苦手と言うか、観ちゃいけなかったといまだに後悔しています。

『シン・シティ』

この映画はR15指定です。15歳未満は観てはいけません。
当時、私は映画館だけが拠り所でしたので、レイトショーでこの映画を観てしまいました。

視覚に訴えかけるもの。
それは明暗だったり、光だったり、暗闇だったり。
効果的に色がつかわれている。

コミックが原作のこの映画は、とにかく格好いい視覚効果が使われていた。
実写なんだけどアニメーションのようで、格好良かったことは頭に残っている。

でも一番覚えているのはイライジャ。

イライジャ・ウッド!

めちゃくちゃ怖かった。
あの光ってる眼鏡だけでめちゃくちゃ怖い。

見てはいけないものを見てしまったような衝撃だった。
サイコパスのイメージはすっかり彼だし、お陰でそれまでそんなに気になる俳優じゃなかったけど、打ち切りのドラマを追いかける程には好きになった。

しかし、ロード・オブ・ザ・リングのイメージをめちゃくちゃに壊してくれる。
おとぎ話なんて木っ端微塵。
まさしく「子供は見てはいけません」だ。

でも格好いい。エロシーンも申し分ない!セクシー!
ストーリーも臭くてハードボイルド好きにはたまらない。
血みどろの街で人が次々に殺されたり、死んだりしていく。

観ているうちにどんどんと麻痺していくのが分かる。
痺れていくのを感じるし、興奮に変わっていく。

今思い返すと、あんな映像作品を作りたいと思った。
とにかく悪趣味で、ちょっと気分が悪くなるけど、めちゃくちゃ格好いい。

だけど2回目はもちろん、続編の『シン・シティ 復讐の女神』もまだ観れそうにない。

そんな苦手な映画。

タイトルとURLをコピーしました