【160%達成】終了しました【Loose Lips(SIDE:foggy)続編制作クラウドファンディング】

【3DCG】affinity designer で簡単3Dモデル制作(svg)

スポンサーリンク

このところ肉体的にも精神的にもちょっとしんどい状態で。
休みながら制作に励んでいます。
特に何ってことはないのですが、色んなことのペースが早くてついていけない。最近はみんなとも会えず、楽しむ時間が少なかったのが問題なんだろうなぁと。周りがコロナにかかってたのでね。
今年いっぱいはゆっくりと水面下での作業を進めていこうと思います!

人気記事

affinity designer で簡単な3Dモデル制作!

とにかく時間が限られているので、できるだけ短時間で素材も作っていきたい。でもBlenderはまだまだ苦手。

と言うことでaffinity designerで3Dを制作しています!

忘れないようにメモを書いておきます。

1995年が舞台の『Loose Lipsシリーズ』携帯電話3D制作!

①カーブを使って携帯電話を描く

簡単に。難しいことは考えず!

②これをsvgで書き出す

③Blenderにインポート、オブジェクト>変換>メッシュ

④モディファイアーを追加「ソリッド化」

⑤幅の数値をいじって3D完成!

 

簡単に作れるのでベースだけはaffinity designer で作って、Blenderで細かい部分を修正しています。

現在、同時にクラファンネクストゴールのボイスドラマ制作中

同時作業が多くていわゆるてんてこ舞い。
すでにボイスをいくつかいただいていまして。
エド役の葉山九五さんからは、またしても例のオマケをいただきました!
ありがたいやら、申し訳ないやら。セリフが言いづらいのかもなぁなんて反省をしながらも楽しませていただいてます。

いただいたボイスからキャラクターのキービジュアルや動画の方も制作しています。
声や芝居から生まれるキャラクター像と言うものがやはりありまして。
そのキャラクターを印象づけるわけですから、そりゃあ制作の方にも大きく影響があるわけです。時にはいただいた芝居からシナリオすら書き換えるので。

私のクリエイターとしてのクリエイティブな部分が刺激されると言うのか。正直、自分のことをクリエイターだと思ったことはありませんが、たぶんくくりはクリエイターなのかなぁなんて思います。

とにかく今は準備期間!大きな動きはありませんが、まずはこのボイスドラマの公開を秋〜冬に行いますので、そちらを楽しみに待っていてもらえると感謝します!

シリアスです。かなりシリアス。
続編への繋がりがある内容です!

Loose Lips(SIDE:foggy)続編ゲーム制作中

LIKEMAD_GAMESプロフィール - Ci-en(シエン)
LIKEMAD_GAMESのプロフィールです。クラファン160%達成!サスペンスBLドラマゲーム『Loose Lipsシリーズ』続編制作決定!|最新の記事は「2022年11月進捗『Loose Lips(SIDE:foggy)続編』(仮)」です。 - Ci-en(シエン)
タイトルとURLをコピーしました